不動産・相続

適切な空家管理でお悩み解決

空き家の管理・活用をトータルサポート

ハウスドクター 専務 三島尚大さん

●誰もが直面する可能性が!?空き家問題の今

近年、ニュース等でも取り上げられている通り、空き家が増えています。その理由は様々で、「親が住んでいた実家が、両親とも亡くなり空き家となった。」といったお子様からのご相談の他、最近では「高齢となり、施設へ入居するためこれまで住んでいた家が空き家になる」という家の持ち主ご自身からのご相談も増えています。
また、これまでは何とか自分達で、空き家となった故郷の実家を管理していたが、自身も高齢となりそれが難しくなってきたという人もいます。そんなお悩みにお応えするのが、私達、ハウスドクターです。

適切に管理されていない空き家が引き起こす問題は、老朽化による倒壊、景観の悪化、放火等による火災の心配、雪の重みによる倒壊や落雪など様々です。しかし、空き家の一番の問題点は、管理されずに放置された住まいが、近隣住民にとって迷惑で危険な存在となる可能性があることです。キレイな新築の家の隣に、庭の木や雑草が伸び放題、誰も住んでいる気配がない家があるとしたらどうでしょうか。蚊をはじめ害虫の発生源となり、道路に散乱した落ち葉は近隣住民を煩わせます。また、見通しが悪化することで不法投棄や放火など、防犯上の重大なリスクにもつながりかねません。


●空き家の管理・活用をプロに任せる方が増えています

ではどうすればいいのか、その1つが、定期的な管理をすることです。もしご家庭の事情で管理が難しい場合には、弊社のような管理を代行する会社に委託をすることをおススメします。県外にお住まいの方のご依頼も多いですが、それ以外にも、「せっかくの休日がいつも空き家の管理でつぶれていた。ハウスドクターさんに管理を依頼してから楽になった。」と喜ばれている方もいらっしゃいます。その他、リフォームして貸家にする、売却するなどの選択をされる方も増えています。放置せず、活用法を考えることが出来れば、空き家管理者ご自身のライフスタイルも変わってきます。「空き家のことが気にはなっているが、そのままにしている」という方は、まずはお気軽に私達ハウスドクターにご相談ください。空き家には、相続、登記、税金など分からない事が多いと思いますが、不動産事業部・リサイクル事業部・リフォーム解体事業部などそれぞれの事業部の専門スタッフが連携して、お客様のお悩みに合わせた空き家の管理・活用をサポートいたします。